RSS

カテゴリー : 携帯電話

OPPO Find7 root化

先日Find7(国際版)が届いたので、まずはrootにしたいと思います。

基本的な方法はこちらに書かれていますが、わかりやすく書いていきたいと思います。

ただし、root作業途中による文鎮化の危険性を認識した上で実施するようにしてください。

※なお、img自体はX9077(中国版)と書かれていますが、X9076(国際版)でも使用できます。Find7aは別ですので、ご注意ください。

中国版と国際版の違いですが、これはradioのimgが異なることでX9077かX9076かを分けているだけですので、recoveryのimg自体に差はありません。

準備

  1. Find7の端末のUSBデバッグを有効にしておきます。
  2. ここからAndroidSDKからADBとfastbootが実行できる環境を用意します。
  3. ここからrecoveryのimgをダウンロードしておきます。
  4. ここからSuperSUをダウンロードしておきます。

まず、USBデバッグの有効は「開発者向けオプション」有効にし、USBデバッグをONにします。

次にPCとFind7をUSBで接続し、USBドライバをインストールします。

USBドライバはPCと接続するとCDドライブが現れますので、それを起動するとsetupが実行されます。

2.~4.のリンクからそれぞれ必要なファイルをダウンロードし、2.を解凍しておきます。

3.のファイルを2.のadb.exeがあるフォルダに移動します。

4.のファイルを端末のSDカード内か端末ストレージ内へ解凍せずに移動します。

root作業実施

Find7が起動した状態でPCとUSBで接続されている状態から開始します。

コマンドプロンプトを起動して、adb.exeやfastboot.exeファイルのあるディレクトリに移動します。

まずはブートローダに移行します。

adb reboot bootloader

上記コマンドを入力するとFind7が再起動し「fastboot…」と表示されます。

次にリカバリを書き換えます。

fastboot flash recovery twrp-x9077.img

上記のコマンドを入力してリカバリのイメージファイルを書き換えます。

書き換えたら再起動します。

fastboot reboot

Find7が再起動してロック画面が表示されたらリカバリモードに移行します。

adb reboot recovery

ここまで出来たら下記の画面になっていると思います。

DSC_2886

この左上の「install」をタップして、

DSC_2887

SuperSUのファイルをタップします(私の場合はリネームしてSuperSU.zipというファイル名になっています)。

DSC_2888

ファイルを選択したらこのような画面になり、下の「Swipe to Confirm Flash」をスワイプします。

DSC_2889

インストールが終わると上記のようになりますので、「Reboot System」をタップして完了します。

Find7が再起動されて、SuperSUの確認をしたら、何かrootが必要なアプリを立ち上げてみます。

DSC_2891

TitaniumBackupを起動したところです。

root権限にOKが入っているのでroot化が成功しています。

 

後片付け

このまま終了しても良いのですが、recoveryのimgがそのままでは気に入らないという人向けです。

recoveryのimgファイルを元に戻します。

ここから元のrecoveryファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたら解凍して、adb.exeと同じ場所に移動させます。

そしてFind7が通常のモードで立ち上がっていると思いますので、再度bootloaderに移行します。

adb reboot bootloader

そしてfastbootが立ち上がったら続けて

fastboot flash recovery recovery.img

を入力して元に戻します。最後に

fastboot reboot

を入力して通常起動させて終了です。

お疲れ様でした。

日本へ来た旅行者による携帯電話

日本には電波法というものがあり、それを無視して使うと法律違反になります。法律違反にならないようにするには「技適マーク」がついていなければなりません。携帯電話にも技適マークがあります。それがないと日本では使えません。

そして、2020年に差し迫った東京オリンピック。

当然海外からの旅行者も数多くやってきます。そこで困るのがインターネットへ繫ぐこと。そこへ海外の人たちが数多く携帯電話を使ってしまうことでどのような影響があるのか。

私たち日本人には関係ないと思っている人も多いですが、実はそんなことはありません。近くに電波が強すぎる携帯があると、妨害電波になって私たちの携帯が繋がりにくくなるのです。

そこで何が良くて何が悪いのかを総務省に聞いてきましたので、ここにまとめます。技適マークのない、海外携帯電話端末を使用する場合

  1. 海外で契約して、国際ローミングで使うのは?
  2. フリーのWiFiスポットでインターネットをするのは?
  3. 渡航前にレンタルルータを借りて、日本で使うのは?
  4. DoCoMoやau、SoftBankなどから出ているプリペイドSIMを使うのは?

 

まず1.ですが、国際ローミングであれば電波法上の例外規定にあたるので、違法にはなりません。

2.はWiFiについても別の電波法規定があるので、WiFiだけを使っても違法になります。

3.はレンタルルータに技適マークが無ければ違法になります。また、レンタルルータに技適マークが付いていた場合でも携帯電話のWiFiには技適マークがないのでやはり違法になります。

4.は国際ローミングではなく、電波法上の例外規定にはあたらないため、違法になります。

 

こう見ていくと、1.しか合法にならないことが分かります。

当然国際ローミングは料金がものすごく高いので、しばらく滞在する旅行者にとっては大変な負担になります。しかし、今の電波法では技適マークのついた携帯電話を購入するしか方法はないので、大変な手間になります。また身分証明も必要なため、海外旅行者は簡単に購入することができません。

東京オリンピックに向けてこのあたりの今後の対応が気になります。