RSS

カテゴリー : 旅行

日本へ来た旅行者による携帯電話

日本には電波法というものがあり、それを無視して使うと法律違反になります。法律違反にならないようにするには「技適マーク」がついていなければなりません。携帯電話にも技適マークがあります。それがないと日本では使えません。

そして、2020年に差し迫った東京オリンピック。

当然海外からの旅行者も数多くやってきます。そこで困るのがインターネットへ繫ぐこと。そこへ海外の人たちが数多く携帯電話を使ってしまうことでどのような影響があるのか。

私たち日本人には関係ないと思っている人も多いですが、実はそんなことはありません。近くに電波が強すぎる携帯があると、妨害電波になって私たちの携帯が繋がりにくくなるのです。

そこで何が良くて何が悪いのかを総務省に聞いてきましたので、ここにまとめます。技適マークのない、海外携帯電話端末を使用する場合

  1. 海外で契約して、国際ローミングで使うのは?
  2. フリーのWiFiスポットでインターネットをするのは?
  3. 渡航前にレンタルルータを借りて、日本で使うのは?
  4. DoCoMoやau、SoftBankなどから出ているプリペイドSIMを使うのは?

 

まず1.ですが、国際ローミングであれば電波法上の例外規定にあたるので、違法にはなりません。

2.はWiFiについても別の電波法規定があるので、WiFiだけを使っても違法になります。

3.はレンタルルータに技適マークが無ければ違法になります。また、レンタルルータに技適マークが付いていた場合でも携帯電話のWiFiには技適マークがないのでやはり違法になります。

4.は国際ローミングではなく、電波法上の例外規定にはあたらないため、違法になります。

 

こう見ていくと、1.しか合法にならないことが分かります。

当然国際ローミングは料金がものすごく高いので、しばらく滞在する旅行者にとっては大変な負担になります。しかし、今の電波法では技適マークのついた携帯電話を購入するしか方法はないので、大変な手間になります。また身分証明も必要なため、海外旅行者は簡単に購入することができません。

東京オリンピックに向けてこのあたりの今後の対応が気になります。

いざ台湾へ

DSCF1503

ちょっと台湾へ行ってきました。

半分は冬コミのための情報収集でもあります。今回は一人じゃないです。私の知り合い数人と行きました。

まず、飛行機がキティちゃんです!

DSCF1360
こんなところにまでキティちゃんは仕事をしてるんですね。びっくりです。

ちなみに4泊5日で日曜の朝出発、木曜の夜帰着という普通の人では日程的に厳しい旅となりました。

到着して、台北駅に行ったらなんか見ました。

DSCF1389

 

東急ハンズの台北店です。

DSCF1390

まさかこんなところにまで緑の手羽がいるとは思わなかったです。結局入らなかったのはちょっと残念でしたけどね。

あと台北地下街のすごいところは絵が可愛い。今どきのイラストがあるのでさすが台湾、よくわかってらっしゃる! といった風にたくさんありました。日本でこれをするには各方面への納得いく説明が必要ですよね。

DSCF1395 DSCF1391

他には基本的に食べ歩きなのでおいしいお店に入ってご飯を食べて……を繰り返しているので途中の何か面白いのとかは写真には撮ってないです。ネタになりそうなものは冬の台湾本をご覧ください(宣伝

 

あ、くまモンいました!くまモン!熊本県からの出張お疲れ様です!

DSCF1466

あとはそうですね。台北101と東京スカイツリーで提携してイベントのようなものがありますけど、もう一つ地味なのがありました。江ノ電と平渓線とのコラボのようです。

DSCF1554

ちょうどこの時にカメラを落として液晶ファインダー部分が映らなくなっちゃったんです。撮影には影響ないけど、いろいろと不便……。これを機にカメラの買い替えを決意しました。旅行の一週間後にD90を購入。

そんなこんなで台湾の旅でした。取り留めもなくブログに書いちゃってますけど、美味しいものいっぱい食べた記憶しかありません。また行きたいですね(今回で3回目

 

そしてこの旅行から一週間後には憧憬の路でまた竹原へ行きました。それはまた後日。