RSS

2014年春期アニメ感想 そのさん

————————————————————————————————————–

「マンガ家さんとアシスタントさんと」 点数:4点

大体がエロがらみのギャグなのですが、それがそこまでおもしろくない……。

もうちょっと、マンガ家あるあるを加えていったりしたら、良かったんじゃないだろうか。

また、キャラクターが増えるので、さらに内容が薄まっていく。

10分アニメでは長い。5分か3分でぎゅっと濃縮させた方が良かったと思います。

————————————————————————————————————–

「メカクシティアクターズ」  点数:4点

シャフトが作る意味は果たしてあるのか? というくらい、画面の作りがすごく普通。

(1話目の主人公が阿良々木くんにしか見えないという弊害はあるけれど……)

(J.Cとかでもよかったんじゃないか?)

どうも、調べてみると、メディア展開の仕方によって、話のルートが変わるらしいので、アニメではそこが変わるのでしょう。つまり、小説も、歌の方も、わかってないと、おもしろさがだいぶ違うのだと思います。

独特の世界観(というか、何も説明しないから想像してくれ、という世界観)とか、謎とか、裏設定とか、特殊能力とか、キャラの方向性とか、中高生だったら自分もはまっただろうなあと思います。たぶん。

でも、Liaさんが歌っているED曲は最高ですね!! 早く覚えたい~!

————————————————————————————————————–

「悪魔のリドル」  点数:4点に近い5点

兎角ちゃんが好みです!

とか思っていたら、兎角ちゃん、人からの優しさに弱すぎでしょ! ちょろいんになっちゃうよ!

それで、すごく疑問があるのですが、

早めにターゲットが殺されてしまったら自分の願いが叶わないのに、

なぜみんなは仲良く一人ずつ予告状を出したり順番に襲い合ったりしているんでしょう?

普通だったら、まずアサシン同士が権利をかけて殺し合って、とにかく自分の願いのためなら何でもやる! 的極限状態になるのではないでしょうか……?

もっと女の子同士で仲良くするシーンが多くて、キャッキャするのかと思えば、そういう画もないし。

アサシンの訓練とかを受けているはずなのに、みんなさほど賢くないし……。

設定の穴が気になるから、逆に結末が気になりますね。非日常系日常ということで。

いやー、でも、あのクラス担任は怪しい!

————————————————————————————————————–

「一週間フレンズ」  点数:4点

淡い色遣いとか、全体のはかなげな雰囲気とか、OPED映像のほんわかした感じはいいと思います。

でも、

なぜ、彼女は「自分は記憶を一週間しか保持できない」と知っているのか?

なぜ、「家族との楽しい記憶は消えない」のか?

「家族との思い出は消えない」とあるが、他人と家族の差はどこにあるのか?

何か特別な事情やトラウマがあるなら、もう匂わせてくれていいと思うんですが……。

穴のある設定を、悲劇にされても困ります。個人的に好ましくない使い方だと思います。

あと、絶対に脳の専門医に毎週でも毎月でも定期的に診てもらうべきだと思うよ、主人公の女の子。

そういう描写が、悲劇におけるリアリティなんじゃないのかな。

————————————————————————————————————–

「健全ロボ ダイミダラー」  点数:6点

説明不要のアホアニメ、最高!

————————————————————————————————————–

「犬神さんと猫山さん」  点数:6点

キャラクターの造形も、性格もかわゆい!

猫山さんが特にかわいい! 東山奈央め、またかわいい声出しやがって! うれしい!

3分間なので、テンポ良く話が進んで、ギャグとしてもおもしろくて、

なにしろのんびり診られる良いアニメですね。

はまってグッズ集めちゃいそうです。

————————————————————————————————————–

(感想そのよん に続きます)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*