RSS

自主制作の小説本について考えた 第01回「第一印象」

こんにちは、篠岡です。

この間のコミティアで、たくさん小説本をいただきました。

各サークル様、ありがとうございました!

 

今回は、それらを読んで考えたことを、少しまとめてみたいと思います。

第01回目は、「第一印象」についてです。

 

まずは、サークルさんを回ったときの、第一印象から!

 

 

やはり、カラーであったり、イラストが大きく載っている本は目を引きますね。

文章系サークルさんだと、落ち着いたものが好まれるようで、装丁自体がアースカラー方向に行きがちですが、

参加サークルさんはたくさんありますから、まず、まさに目立って、目にとまることが重要だと思います。

 

そして手に取ったとき、開いた部分が次の印象になります。

つまり、本文レイアウトですね。

読みやすい紙の色、文字の色、文字のフォント、文字幅、行と列の幅、ルビ等々……。

読みやすい! と思ってもらうことで、内容を読んでいく気持ちが出てくる部分です。

こだわると、本当にいろいろいじりたくなる部分でもありますね(笑)

ここは、実際に販売されている文庫を参照とするのが一番良いと思います。

 

続いて、本自体の印象。

ページを開いていきたいのに、紙の小口が揃っていなかったり、折りが歪んでいたりすると、

ちょっと読みたい気持ちに影響が出ると感じました。

無料本など自宅制作の場合、最後まで丁寧に作れる部分ですから、手間を惜しまないことは大事だと思います。

 

次は、外装から内容に至る、架け橋のような部分。

つまり、ジャンル紹介やあらすじ、キャラクター紹介などですね。

初めて見る本がほとんどですから、ここを伝えないと、「どんな本だろう」という興味も湧きづらいものです。

特に、「この本で一番かっこいい部分を表に出してしまう」という、

いわゆる文庫における「オビ」のような宣伝様式は、かなり有効だと思われます。

作者の文体も、実際の内容も、一文で示せますからね。

個人的に、「この作者さんはどんな文章、どんなリズム、どんな言葉を選んで文章を書くのかな」というのが

読むとき一番気になる部分なので、そこはもう、どどーんと出して欲しいと思っています(笑)

 

試し読みのような短編もいくつかいただきました。

しかし、これも、試し読み部分に本編への「引き」がなく、短編で満足できてしまうという問題が……。

続きはどうなるの!? と思わせるのは、こういう配布方法の場合は重要だと思います。

 

こんな感じで、内容に入るまで、「第一印象」について書いてみました。

第02回は、「文章の内容」についてを、少し書いていきたいと思います。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*