RSS

第02回 アニメ俺大賞 2015

はい!

今年もやってまいりました、「第02回 アニメ俺大賞 2015」です!

私がたまらなく好きだった2015年放送のアニメを紹介するこの企画、

場面写つきで、10位から発表していきますよ~!

 

 

それでは参りまっ、しょう!

 

第10位

「響け!ユーフォニアム」

全国が決まったときのみんな

全国が決まったときのみなさんをチョイスしました。

物語はいつも通り、丁寧な青春もの。

何しろ圧巻だったのは、まったく崩れない作画と、楽器と演奏の表現です。

息を吸って、楽器をちゃんと吹いている、というのを、つまり声優さんの演技なしで表現しなければならない、

そこをさすがの演出と画力で見せつけてくれました。うーん、すごい。

そういう意味でも、音楽ものとしても、劇伴曲がよかったです。

キャラデザだと、目の色の入れ方にも特徴がありましたね。あと、出てくる人数が多いから描くの大変そうでした。

声優さんで言うと、先生役の櫻井さんが、決して叫ばず、しかしずるいくらい説得力のある声で、みんなを叱咤するのが印象的でした。

NHK-FM「今日は一日吹奏楽三昧」でも、劇中曲が取り上げられていましたね。

春に公開される、劇場版も楽しみです。

早く劇場の音響で聞きたい……!!

 

 

 

第9位

「暗殺教室」

ピンク殺せんせー

色恋の話がしたい殺せんせーです。

うん、正直に言います。

殺せんせーが好きなんです……!

すぐ調子に乗って、無敵っぽいこと言って、みんなに熱心に勉強を教えるけど、すぐにピンチになって、あわててダメになる。

触手で速い。黄色い。

笑うと「ニュルフフフ」っていう。

総合してかわいいのです。

フィギュアほしい。

 

1年間という決まった時間の中で、ジャンプ作品としてどこまでやってくるのか、とても気になります。

本誌ではそろそろ卒業だそうですね……。

アニメも2期が決まったので、渚くんの頭はくくってあるのかああいうくせっ毛なのか、自分の中で問答を続けたいと思います。

たとえ上半身裸で泳いでいても、渚くんには無限の可能性を感じる今日この頃です。

 

 

 

第8位

「放課後のプレアデス」

放課後のプレアデス

スバルとガイナックスで魔法少女。

魔法のステッキは、車のシャフト。

魔力を込めるとステッキからスバルの車のエンジン音がする(一人一人別)。

このアニメの構成要素を取り出すと、実に意味が分かりませんね。

女の子はみんなかわいいのも、意味不明に拍車がかかってます。

 

このアニメは、なんにでもなれる力で、自分の可能性を選び取るアニメです。

話の内容はそんな感じですが、

元々宇宙の話なのでSF気味だったところ、最後は一足飛びに超次元SFになり、地球のはじまりまで還ります。

壮大な話をものすごくコンパクトにまとめてあり、宇宙と宇宙サイズの話が好きな私としては、とても楽しめました。

時々エンジン音がすることへの違和感はぬぐえませんが、それもスパイスということで……。

 

 

 

第7位

「アルスラーン戦記」

アルスラーン

 

この微笑みで、どんな敵でも味方にしちゃう、澄んだ蒼い目と銀髪の王子様。

かわいいなあ……!

このアニメについては、前回も話したのであまり語りませんが、

まあとにかく、殿下が「いとこ殿」って言うのがたまりません。

私も呼ばれたい! ダリューンに殺されそうだけど!

 

 

 

第6位

「のんのんびより りぴーと」

れんちょん

「ぴかぴかの一年生」なのん!

一期もよかったですが、二期もおもしろかった。

のんびり、ギャグ入れて、のんびり、にゃんぱすー。

ギャグの混迷っぷりも、今回の方が好みです。「具のおかず」とか。ちょっとシュール気味?

のんびりの部分は、演技どころか人物もいませんから、背景で持たせるしかないわけですが、

何度でも見たくなる、丁寧な音楽と作画が素晴らしかったですね。

続きも見たいな……非常に難しいと思いますが……。

 

 

 

第5位

「英国一家、日本を食べる」

マイケルやばい顔

正直、マイケルは何食べてもこの顔をしてる気がするんです。

メシ枠であり、flash枠であり、外国枠であり、NHK枠で、最終的に雑学です。

丁寧に作られているので、日本食に対する興味が非常にわきます。

そして、flash絵なのに食べ物がみんなうまそう……!!

正月特番があるそうなので、早く見たいです!

 

 

 

第4位

「グリザイアの迷宮・楽園」

雄二と一姫

雄二かっこいいよ!! 一姫かわいいよ!!!

全部終わる直前のシーンです。

「グリザイアの果実」から見ていたんですが、正直この迷宮と楽園を見ないと、果実のおもしろさがもったいないくらい、いい話!

雄二の過去がみっちり描かれていて、非常に感情移入がしやすく、麻子のあのシーンでは本当に悲しくてぼろぼろ泣きました。

っていうか、雄二はいろんな女の子を泣かせますが、いろんな女の子を愛するが故にたくさん傷ついて、そんで麻子が「いつまでもずっと愛する女」なのだなと思うと、もう……(そういう話に弱い)

あと、作っているところがエイトビットってところもすごいですよね。クオリティなんとか保持できててよかったです。

それから、櫻井さんのあの声が、なんとも説得力があって……(お前そればっかりだな)

原作めちゃくちゃやりたいです。はい。

 

 

第3位

「おそ松さん」

泳げ十四松

ああ、世の中はここまで来たな。

そんな素晴らしいアニメですね。

女子の皆さんを一気にかっさらい、ギャグの方で普通の方々をなぎ倒していく。

そうです、このアニメは力業でありつつ、技巧を凝らされているのです。

特にOPが、なんか「少年カトリ」とかの不条理な映像を思い出してぞくぞくします。

推し松は断然十四松です。もっとわけわかんなことをしていてほしいです。シュール!!!

 

 

第2位

「ハイキュー!! セカンドシーズン」

潔子さん、ビズィン

うひょー潔子さん!!!!!!

ツッキー! 翔陽! 影山くん! 3年生も2年生もみんな大好きだ!!

毎週そんなこと言ってます。毎週ほんとに楽しみです。

強くなっていくシーンがきっちり描かれていることと、やっぱり「友情・努力・勝利」が気持ちいい!

見ててわくわくするアニメってなかなかないです。うれしいくらいです。

あとはもう、I.G.得意の演出とクオリティの高い動画ですね。バレーのどっかんどっかん打つ迫力がすごい。

3年生どうなっちゃうのかな、と思っていますが、本誌でもいろんな結果がまだなので、どきどきしています。

 

 

 

第1位

「血界戦線」

レオくん

レオくんの最後の絶叫をチョイスしました。

前回のアニメ紹介でも、血界戦線にはまっていることは書きましたが、まさかこんなに、

美術も音楽も声優さんも演出も動画も超クオリティでやってくれるとは思っていませんでした。

しかも、原作をしっかり踏襲したアニメオリジナルストーリー。

レオくんの上記のシーン、やっぱりぼろぼろ泣きながら見てました。

誰かに示された言葉を、誰かのための言葉にする。

それは、言った人にとっても、言われた人にとっても、希望であり光なのでしょう。

うう、泣ける。

ホワイトと幸せになれないとわかっていても、けれどホワイトはHLを護るために地に還り、レオくんの生活を支えていくんでしょうね。

ううううう、泣ける……!!

原作もおもしろいし、これからも息の長いコンテンツであってほしいです。

あー、ほんと、春から血界戦線のことをずっと考えている一年でした。

 

 

 

 

長いエントリにお付き合いいただき、ありがとうございました。

次は、「今年度はこれがよかった! アニメ総決算2015」でお会いしましょう!

2016年もたくさんいいアニメに出逢いたいですね。

みなさまも、よいアニメライフを!!!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*